あおぞらユニオン

上部団体の上手な使い方

上部団体の動かし方。

  • 第1歩…徹底的に話し合いましょう

    1

    労働組合は複層階の組織になっています。

    一一人一人の組合費が企業内組合を支え、産業別組織を支え、ナショナルセンターを支えています。また、組織化は海外の起業にも及んでいて国際労働組合総連合には163ヶ国、1億7600万人が加盟しています。

    ①なぜ、上部団体の動きがない感じがするのか
    ②なぜ、上納金が高すぎる感じがするのか

  • 理由はさまざまですが、中小企業の労働組合の考え方と大企業の労働組合の考え方の差があります。

    多くの企業内労働組合は産業別労働組合に組織化されていますが、その中には数万人の企業別労働組合から、数十人単位の組合までありますが、産業別労働組合の役員は大企業の労働組合員が占めています。

    そこで自分達の組合は何を必要としているのか、上部団体の執行委員と納得のいくまで徹底的に話し合いましょう。

    「あおぞらユニオン」では、このような内部での交渉のバックアップも秘密厳守で行なっています。

上納金、この不可思議な仕組み。

  • 上納金の金額

    1

    ①小規模の企業内労働組合(組合員数100人)が、合同労組に加入した場合、名目は多岐にわたりますが、概ね1500円~2500円程度を合同労組に納める事が多いようです。

    ②合同労組は産業別組織に一定額を納めます。

    ③産業別組織はナショナルセンター(連合など)に一定額を納めます。

  • お金の使い道

    2

    労働組合の力は団結する事によって生まれてくることは否定できない事実です。ごく少数の労働者が不満を述べても、企業は無視をします。

    しかし、多くの労働者が団結をしてモノを言えば企業は無視する事が出来ないのです。その為に階層型に組織化され、組合費によって、専門知識を持った専従職員を雇用し運営されているのが労働組合なのです。

  • 団体交渉と裁判の違い

    3

    労働組合は、それが労働条件に関するものであれば、ありとあらゆること(賃金・退職金・労働時間・休憩・休日・人事・懲戒・解雇・労働安全衛生・災害補償・福利厚生・リストラ計画など)について、使用者と交渉する事ができます。

  • 一方、労働者は労働現場で起こる様々なトラブルを解決するために、裁判所による救済を受けることも出来ます。しかし、裁判所での救済は"権利を侵害“された時に限られます。

    つまり、損害が出て、初めて要求できるのであって、解雇されたり給料を払ってもらえない場合に限られる訳です。団体交渉では、権利侵害はもちろんですが、より良い労働条件を請求する事が出来るだけではなく、会社は交渉に応ずることを法律で義務づけているのです。

0120-505-036

PAGE
TOP

会社のパソコンでご覧の方は
速やかにパソコンを閉じた上
で履歴を消してください。